The University of Queensland

大学の紹介

大学の沿革と概要

クイーンズランド大学は1909年12月10日、ニューサウスウェールズ州からの独立50周年を記念して州議会で制定されました。それから4ヶ月後、州における初めての大学、そしてオーストラリアでは5番目となる大学が誕生しました。

1911年、83人の学生(23人の女性を含む)がブリスベンのジョージ通りにある総督官邸で初めての授業に出席しました。

第一次世界大戦が終戦に差し掛かった頃から、高等教育の増加に応じて、研究や教育が急速に成長しました。創立まもない大学はジョージ通りを出て大きなキャンパスを探し始めました。

ビクトリア公園の場所(現在、一部Mayne Medical Schoolが占める)は大学の永住の地として1922年に法によって確保されました。1927年から1929年に、ジェームス・オニール・メイン博士は、彼の妹であるマリー・エメリア・メインと協力して、St. Luciaの274エーカーの土地を取り戻し、永住の地として大学へ受け渡すために、ブリスベン市議会に6万ポンドを提供しました。

西インド諸島にあるサトウキビ畑のSt. Luciaにちなんで名付けられたそのエリアは、元々は砂糖やクズウコン、コットン、とうもろこしやパイナップルなどの農園でした。1893年の洪水によって流されてしまった砂糖精製工場は、現在大学のボート小屋がある場所で運営されていました。

資金不足は開発を遅らせました。大学は、農務省管轄の農学校としての使用のために、1938年3月にフォーガンスミスビルが着工されるまでの間、州政府にその土地を貸与しました。

のちにフォーガンスミスビルと名付けられた最初の建物は、1939年に完成しました。第二次世界大戦ではそれを軍事目的に転用し、南部西太平洋の陸軍連合のための高度本部として最初の役目を果たしました。大学のジョージ通りからSt. Lucia地区への移転は1946年から1972年の間に完了しました。

1990年に、高度教育である総合大学やカレッジの二元システムを撤廃して、国家統合システムの一環として、大学はクイーンズランド農大学(現在のGutton Campus)と合併しました。そして1999年に、Ipswich Campusは、オーストラリアにおける最初で専用の、完全インターネット対応のキャンパスをオープンしました。

学生およびスタッフ数(2016年度)

全体学生数 51,070名
現地学生数 40,070名
留学生数 11,000名
大学院生数(リサーチ) 4,500名
大学院生数(コースワーク) 8,370名
学部生数 35,000名
教授(Academic Staff)数 2,770名

本サイトはクイーンズランド大学公式ホームページの情報をまとめた日本語版のサイトです。
ICC国際交流委員会はクイーンズランド大学から認可を受けた「公式出願窓口」として、同大学に留学を希望する方へ留学相談、出願受付、渡航準備に関するアドバイスを無料で行っています。

サイトマップ

ICC国際交流委員会は、The University of Queenslandの許可を得て日本語情報サイトの運営をしています。
ICCは日本におけるThe University of Queenslandの正規出願窓口として、サイト運営の他、The University of Queenslandへの留学 希望者に対して、留学カウンセリング、入学手続きを全て無料で提供しています。
このサイトは大学サイトに掲載された内容を抜粋して作られていますが、一部の情報は日本人学生向けにさらに詳しく紹介しています。

ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階 株式会社 ICCコンサルタンツ
※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員