The University of Queensland

注目の専攻

英語教授法

Master of Applied Linguistics-TESOL

応用言語学専攻の一部としてTESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)コースがあります。既に英語教師として1年以上の教職経験がある学生向けに開講されており、英語教授法を言語学、心理学、教育学、社会文化学など様々な側面から学ぶ内容になっています。

この修士号は教職資格とはなりませんので、ご注意ください。

コースのより詳しい情報はこちら


コース名 コース期間 コース開始 入学条件 英語力
Master of Applied Linguistics-TESOL 1年~1.5年 2月・7月 学士号を取得しており、GPA65%以上 IELTS 6.5(各セクション6.0以上), TOEFL 87(Writing 21以上、Speaking/Listening/Readingすべて19以上)

本サイトはクイーンズランド大学公式ホームページの情報をまとめた日本語版のサイトです。
ICC国際交流委員会はクイーンズランド大学から認可を受けた「公式出願窓口」として、同大学に留学を希望する方へ留学相談、出願受付、渡航準備に関するアドバイスを無料で行っています。

サイトマップ

ICC国際交流委員会は、The University of Queenslandの許可を得て日本語情報サイトの運営をしています。
ICCは日本におけるThe University of Queenslandの正規出願窓口として、サイト運営の他、The University of Queenslandへの留学 希望者に対して、留学カウンセリング、入学手続きを全て無料で提供しています。
このサイトは大学サイトに掲載された内容を抜粋して作られていますが、一部の情報は日本人学生向けにさらに詳しく紹介しています。

ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階 株式会社 ICCコンサルタンツ
※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員